エンパワメントワークショップ出前講座

参加・体験型人権学習をしてみませんか?

 多様な価値観のある社会の中で、多文化共生やインクルージョンの実現が求められています。そのためにも各地域・職場・団体・学校などでより充実した人権学習が求められています。
 人権の問題を自分のこととして、より深く学んでいくためにワークショップなどを通した参加・体験型の学びを行うことが教育・啓発の中でも 大切な要素になっています。
 これまで人権センターでは2001年より「エキスパートスクール人権の友」と題して、人権教育・啓発の基礎的知識を習得し、それらをいかして研修会を企画するポイントやスキルを学んだファシリテーターを養成する講座を2018年までの18年間行ってきました。受講者は累計333人を数え、ファシリテーションの学びの輪が広がりました。
 中でも“エンパワメント”(自らの内なる力を引き出し、取り戻す)を目的としたワークショップでの学びは、参加者がエネルギーを取り戻し、つながる心地よさを感じ「また来たい。」「またやりたい。」という学びの意欲を生み出してきました。これまでの講座の受講者のネットワークをいかしながら、この“エンパワメント”を中心にした参加・体験学習を一人でも多くの県民の方々に広めることができないかということで、今年度からこのエキスパートスクールを新たな形に変え、スタートすることにしました。
 講座の名前は“エンパワメントワークショップ出前講座”。その名の通り、希望される地域、行政、学校、各種団体、同推協・人推協、NPO、企業等があれば、講師と共にお伺いしてワークショップを中心にエンパワメントや人権について学びを深めていきます。
 今年度はNPO法人「えんぱわめんと堺」と連携しながら、毎回講師の先生を派遣いただいてファシリテートしていただきます。可能な限りこれまでのエキスパートスクールの受講者もお手伝い役として参加していきます。みなさん、参加・体験型人権学習でより深い学びを目指しませんか?

講師の紹介

講師:NPO法人えんぱわめんと堺 これまでのエキスパートスクール受講者にも可能な限りお手伝い役として参加していただきます。
北野真由美さん 〔代表紹介〕 北野真由美(NPO法人えんぱわめんと堺代表理事)
子どももおとなも自分を大切にし、自分らしく安心して生きることができる地域社会づくりへの貢献をめざし、1997年に堺市で堺CAPプロジェクトとしてグループを発足。その後2002年NPO法人えんぱわめんと堺/ESを設立。行政・地域・教育機関と連携し、研修やワークショップを開催。日常の中にある様々な問題と向き合い子どもの人権の啓発に取り組んでいる。現在は堺市教育委員会より委託を受け、CAPプログラム(子どもへの暴力防止活動)を堺市の全小学校にて実施中。その他人権に関するプログラム『HR(人権)プロジェクト』や様々な「性」と向き合って「生」を考える『SAY(性・生)の会』のワークショップを中高生や大人に向けて幅広く展開している。
(HP:http://www.npo-es.org/

参加・体験型人権学習をみなさんの地域・職場へ出前します

地域、行政、学校、各団体、同推協・人推協、NPO、企業など

ワークショップって

 ワークショップ(workshop)とは、本来は「作業所」や「工房」を意味する言葉ですが、日本では「体験型講座」を指す用語として、問題解決やトレーニングの手法として使われています。
 ワークショップはファシリテーター※と呼ばれる司会進行の人が、参加者が自発的に作業する環境を整え、参加者全員が体験・参画するものとして運営されるのが望ましいとされています。この自発的にする「作業」をワーク(work)といいます。
※ファシリテーター:参加者が自分の考えや感情を出せるようにサポートしたり、そのための時間配分をしたり、安心し、楽しい気分でワークショップができるようにする促進役。

この講座で学んでいきたい学びの内容(例)

感情・コミュニケーション・聴く・セルフエスティーム・多様性

エンパワメントワークショップ出前講座の詳細

主催
公益財団法人 滋賀県人権センター
期間
5月以降の2時間を1回にした16回(先着順)
(原則1団体1講座ですが、内容により相談に応じます。)
後援
滋賀県・滋賀県教育委員会
対象
地域、行政、学校、各種団体、人権(同和)教育推進協議会、NPO、企業 などの研修
開催可能人数
15名以上100名程度まで。
会場
可能な限り、指定された場所まで伺います。
場所がない場合は滋賀県人権センター(解放県民センター「光荘」)も利用可能です。
滋賀県人権センター(解放県民センター「光荘」)〔大津市におの浜四丁目1-14〕※JR膳所駅から徒歩15分
▶会場案内図
受講料
1回 15,000円(但し、特別賛助費制度会員の場合  協力賛助会員 10,000円 特別賛助会員 無料)
※講師の旅費を別途請求します。(滋賀県人権センターから会場まで)
申し込み方法
受講申込書に必要事項を記入の上、公益財団法人滋賀県人権センターまでお送りください。(FAXでもかまいません。)
後日担当からご連絡申し上げます。
(※記入いただいた個人情報については目的外には使用いたしません。)
申し込み先
〒520-0801 大津市におの浜四丁目1-14 公益財団法人滋賀県人権センター
TEL…077-522-8253 FAX…077-522-8289 メールフォームからのお申し込み

※申し込みを受け付けました後、申し込み受理の文書を郵送します。
その後、受講料を下記の口座まで振り込んでいただきます。
振り込み銀行口座
関西みらい銀行膳所支店 普通 0263803
(口座名義)公益財団法人 滋賀県人権センター(こうえきざいだんほうじん しがけんじんけんせんたー) 理事長 末松史彦(すえまつふみひこ)
申込書はこちらからダウンロードください(PDF)
〒520-0801 大津市におの浜四丁目1-14
公益財団法人 滋賀県人権センター
TEL:077-522-8253 FAX:077-522-8289
メールフォームからのお問合わせ